ホーム > Q&A

Q&A

品質へこだわり

<溶断品>

・溶断強度には、絶対の自信があります!

<断裁品>

・原紙からのトレサビリティを徹底して管理しています。
納品済みの製品から、原紙製造ロットが追跡できます。

・寸法公差も、業界最高水準の1㍉以下です。

・異物混入対策として、帽子等の着用も徹底しています。

各種品質証明書の提出について

製品の調査書類については、各種品質証明書をお出しさせて頂いております。

寸法公差について?

業界トップクラスで、0.01㍉からの寸法設定ができます!

サイズについても、1000X1800㍉など、かなり大型の物も加工することができます。

食品用途にも使えますか?

食品衛生法に適合した国産フィルムをご提供していますので、安心してお使いいただけます。

海外のフィルムでも、日本の食品衛生法適合品もありますが、万一のことを考えて当社では食品向けには使用しておりません。

生花・雑貨等でご提供しているものについては、海外フィルム等も一部使用していますので、食品用途への転用はご遠慮下さい。

 

食品包装等に関するハラール対応について

原材料に動物性油脂や、アルコールが使われていない包装材の一例です。

・セロファンシート

・OPPシート

・粘着テープ(一部非対応)

上記以外の包装材についても、ハラール対応できる包装材があります!

エンボスシート等の扱いは?

当社では、有孔加工されたものは、常時在庫していますが、エンボスタイプやミシン目タイプ等のご要望もお受けいたしています。

セロファンは、リサイクルできますか?

紙と同じパルプから作られていますが、繊維を溶解し繊維性をなくしている為、紙として再生出来ないうえ、加熱しても溶融しないのでリサイクルには不適格になります。

ただし、微生物で容易に分解出来る特異性があり、生ゴミとしての扱いになります。

セロファンと、OPPの違いは?

一般的にセロファンと言われている製品は、その殆どがOPPのことを指していることが多いです。

セロファンはパルプを原料としており、OPPは石油を原料としています。
セロファンは手切れ性がありますが、一般にOPPには手切れ性はありません。

また、セロファンは生分解性ですが、OPPは生分解しません。

 

厚みは?

フィルムにもよりますが、OPですと20μ、25μ、30μ、40μ、50μ、60μを常時在庫しています。

Q&AのTOPへ